心身症の原因を追求|ストレス回避で不調を改善

女の人

体に異常のない病気

診察

その予防法

心身症とは内科や産婦人科などのような臨床各科で診断されている身体疾患の中で、発症されたものに心理的因子が主となっているか、それが明らかになったものに対して診断されるものです。どのような症例があるかといいますと、ストレスから引き起こしてしまった蕁麻疹や緊張感から発する多汗症、心身の疲れから現れる片頭痛、長期にわたるストレスやショックなどからなってしまう円形脱毛症などがあります。心身症は身体的にも精神的にもひどく疲れていたりすることから免疫力が低下したり睡眠不足が続いていたりすることから蕁麻疹や多汗症などが発症するといわれています。そのため身体的にも精神的にも疲労を取ることができるような方法を普段の生活の中に取り入れて行なっていくことで、心身症を予防していくことができるようになります。たとえばビタミン類が豊富な食材を摂取するように食事を意識したり、ヨガやストレッチなど行なうことで心身のバランスを整えていったり、親しい友人とおしゃべりすることも良いですし、一人が好きな人は一人旅をするのも良い方法となります。ビタミンは身体の疲労を取り除いてくれる働きがあるため、栄養素としてでは良い効果を引き出してくれます。

体に異常が発生すれば

心身症は体に影響が出てくるものなので、多くの人は体になんらかの異常が現れたのではないかと思い内科や皮膚科などで診てもらおうとすることがあります。しかし診てもらっても体に何の異常も現れなかったことを医師から伝えられ、それなのに蕁麻疹は治らなかったり片頭痛で痛みを強く感じたりするなど辛い症状を感じる時間が続き、さらに苦しい思いをすることがあります。ですが最近では心身症のことも知られてくるようになり、体に何かしら症状が現れているにもかかわらず病院で診てもらっても体に何の異常も見つからなかった場合は精神的なものからの影響ではないかと診断する医師も存在するようになってきており、心療内科などで診てもらうよう伝えるようにもなってきています。そのため、体に異常を感じれば病院で診てもらうようにしながら、それでも何の異常も診断されなければ精神的な面で心療内科などへ言って見てもらうようにしていくと病状がわかってくることもあります。最近ではそのような患者が増えてきていたりしましてストレスや精神的なショックから心身症を患ってしまうことがあり、多くの人が悩んでいたりする症状でもあります。治療を行なうと治りが早くなるとも言われているため、病院で診てもらうことで早期治療を行うことができます。