心身症の原因を追求|ストレス回避で不調を改善

レディー

心と体のバランス

先生と患者

ストレスの影響

心身症とは、ストレスによる影響を受けることで体に不調が表れることです。心の病気であると思われますが、実はストレスが溜まることで起きる疾患なのです。心身症の症状の範囲はとても広く、あらゆる部位に表れます。呼吸器系や循環器系、消化器系、神経系など様々な症状が出ます。心身症になりやすい人というのは、不安や緊張感の強い人、自分の感情を表現するのが苦手という人に多いと言われています。診断するための指標などは特に設けられていません。症状の発症原因にストレスが関わっていることがわかれば心身症と診断されます。症状に気づいても、本人は自分でその症状をコントロールしたり、自力で治すことは難しいです。ストレスが影響していると考えられる不調があれば、心療内科や普通の内科でも良いのでまずは専門医に診てもらう必要があります。心身症の治療には、その症状に合わせた治療が行われます。必要であれば心理療法や、精神安定剤などを使った薬物療法も行われることがあります。ストレスしか原因がないのであれば、ストレスを減らすことで症状を軽くすることも出来ます。症状の悪化を防ぐためにも、自分が過ごしやすい生活環境に整えることが大切です。

生活環境を整える

心身症になりやすいタイプの人はある程度存在しますが、現代ではどんな人でも発症するリスクがあります。現代人は、不規則な生活をしている人も多く昼夜逆転した生活や食事をとる時間もバラバラです。時間を出来るだけ短く手軽に食事が出来るように、インスタント食品やファーストフードなど栄養バランスの良くないものを積極的に取ってしまいます。仕事が忙しく、自分の時間がしっかり確保できない人も多いです。多くの現代人は大きなストレスや悩み、苦痛を抱えながら生きています。そうなると、必然的にストレスが溜まりやすくなり、ある時我慢出来なくなり体に良くない影響がでてきます。ストレスを日々発散出来るようにすることは、これからもっとどの人にも求められることです。時には運動したり、休息をしっかり取る時間は確保する必要があります。心身症の治療の予後は比較的良いと言われています。身体的な症状が段々なくなってくれば、心も落ち着いてきてストレスとうまく向き合っていくことも出来ます。自分には、どんな症状があって、何が原因になっているのかをまず理解する必要があります。それから、治療を続けていくことで本来の自分に戻れるようになります。

受診して解決

女医

心身症というのは、心理的な要因によって身体的な症状が現れるものです。現れる症状については個人差があり、どこにどのように現れてくるかは決まっていません。精神科や心療内科に行き、原因解明や治療に臨みましょう。

Read More...

ストレスの抱え方

婦人

心身症の治療には、自分が改善できることから始めて時には薬物療法や精神療法などいくつか治療法を合わせて行うことも大切です。バイオフィードバック療法は無意識に働く体の動きを自覚してコントロールできるようにする治療法なので、症状改善に有効です。

Read More...

体に異常のない病気

診察

心身症は精神的な因子から身体に症状が現れてくる病気のことを言いまして、主な例としてでは蕁麻疹や円形脱毛症などの症状があります。病院で診てもらっても体に何の異常も見て取れず心療内科などで診てもらうことで病気がわかったりします。

Read More...

身体的影響が現る精神病

女性

心身症は精神的な原因から体に影響が出てくる病気で、精神疾患や神経症とは別のものと考えられています。病原体が原因ではないため、心身症となる原因となったストレスなどを取り除くことでその症状を緩和させていくことができるといわれています。

Read More...